【日本一周】車中泊の旅part7

綾の照葉大吊橋

★part7は愛媛→大分→宮崎→鹿児島の順に移動しています★

おはようございます、森山です。

道の駅ふたみシーサイド公園では、22時頃に就寝し5時に起床しました。枕と毛布を入手したおかげか快適な睡眠で気持ちいい朝を迎えました。

さて今日はフェリーで車ごと九州に移動します。6時に出発して7時に三崎フェリー乗り場に到着。7時半出航の船に予約なしで乗ることができました。

初めてフェリーで自動車航送するので多少の不安もありましたが、全く問題なく乗船と下船することができました。

フェリーで自動車航送する場合の乗り方(愛媛県三崎港の場合)

愛媛県三崎発から大分県佐賀関着のフェリーで自動車を航送した体験記です。

STEP
到着後、搭乗レーンに並ぶ。

三崎港に到着後、搭乗レーン(乗用車であれば乗用車用のレーン)に順番に並んで停車させてください。概ね出航の30分前には乗船手続きを完了させる必要があります。余裕を持って行動しましょう。

STEP
車検証を持って窓口に行き、乗船券を購入する。

事前に決済していれば「らくらくチェックイン端末機」で乗船券を受け取ることができます。私の場合は予約すらしていませんので、窓口で車検証を提示してその場で乗船券を購入しました。

料金としては運転手1名分の一般席運賃を含めて、
自転車の場合:2000円程度、
バイクの場合:2000〜4000円程度、
乗用車の場合:5000〜10000円程度、
中型〜大型車の場合:10000〜20000程度の運賃になります。

STEP
搭乗20分前にスタッフがチケットを確認しに来る。

チケット確認時に不在だと迷惑になるので、車の中でおとなしく待機しておきましょう。

STEP
乗船〜運航

スタッフの指示により車を発進させて乗船します。乗船後は、船内でゆっくりできますし景色を見ることも可能です。飲料の自販機やカップ麺の自販機もありますし雑魚寝できるスペースもあります。

なお運航中は車両甲板への出入りは禁止されています。必要なものがあれば、忘れずに船内に持ち込みましょう。

運航時間は概ね70分程度でした。

STEP
運航〜下船

目的の港に到着後、車両甲板への移動ができるようになります。そしたら、速やかに自分の車に乗車してください。スタッフの指示により車を発進させて、そのまま何も手続き等を行うこと無く次の目的地へ進むことが可能です。

目次

クルスの海

本日最初の目的地はクルスの海です。クルスの海は、願いが叶うクルスの海と呼ばれていてカップルのデートスポットとして使用されているそうです。

願いが叶うクルスの海
観光地名クルスの海
住所宮崎県日向市細島
入場料無し
駐車場無料駐車場有り
入場時間24時間

この展望台から見える岩の形状が「叶」の漢字に見えることで「願いが叶う観光スポット」となっています。また、名前の由来となっている「クルス」の意味はポルトガル語で十字という意味です。

願いが叶うクルスの海
願いが叶うクルスの海

ハートの形をした植栽もあり、カップルのデートスポットとしてしっかり意識してるなぁと感じました。

願いが叶うクルスの海のハートの植栽

あと鐘の付いたモニュメントがあったのでとりあえず鳴らしておきました。

綾の照葉大吊橋

綾の照葉大吊橋
観光地名綾の照葉大吊橋
住所宮崎県東諸県郡綾町
入場料350円
駐車場無料駐車場有り(150台)
入場時間4月〜9月 8:30〜18:00
10月〜3月 8:30〜17:00

渡っている最中に腰のあたりがそわそわするような恐怖感を覚えました。

橋を奥まで渡って戻った時にマダムに話しかけられました。
「奥まで行ったの?すごいねー。私怖くてこれ以上進めないかも。」と言っていました。私は渡った感想として、正直に怖かった旨を伝え、マダムのご武運を祈りその場を後にしました。

次の目的地のためにGPS起動させようとしたけど、電波が悪く起動できませんでした。事前に、ある程度はルートを確認しておいたほうがいいですね。

天之逆鉾

天之逆鉾(あめのさかのこ、あまのさかほこ)は日本三奇の一つとされ、高千穂峰山頂に突き立てられている矛の形をした謎多き物体です。

観光地名天之逆鉾
住所宮崎県西諸県郡高原町
入場料無料
駐車場無料駐車場有り
入場時間24時間

この謎の矛をひと目拝もうとGPSマップを信じて進みましたが、車では行けませんでした。完全に調査不足です。道中は険しい山道を20分ほど走りましたが、途中で道が無くなりました。名所であるにもかかわらず道中には案内看板が一つとして存在せず本当にこの道であっているのか不安になっていたのは事実ですが、そこで気付くべきでしたね。

どうやら登山ルートで歩いて向かわないと行けないみたいですね。

山登りの旅もいいですね。登りたい山もあったけど今回の旅ではやめました。楽しみは次の旅に残しておきます。

道の駅 野方あらさの

道の駅野方あらさの
施設名道の駅 野方あらさの
住所鹿児島県曽於郡大崎町
駐車場無料駐車場
営業時間トイレ・駐車場は24時間利用可
併設されたコンビニも24時間利用可

本日の車中泊は道の駅野方あらさのです。ここは東九州自動車道の野方ICのすぐそばであることと、24時間営業しているコンビニがあるので人の出入りが多いです。特に大型車の長距離ドライバーなどがよく利用するのではないでしょうか。実際にエンジンを掛けて休んでる大型車も数台あったので、車中泊する場合は大型車の駐車スペースから離れたところに停めたほうがいいですね。

今日の報告

感想

フェリーで自動車を航送するのは始めてだったので乗り方がわからず不安でしたが、特に迷うことはありませんでした。今後の予定でもフェリーを何度か使おうと思っているので、これからは安心して先へ進んでいけます。

移動

本日の移動
└ 愛媛→大分(通過のみ)→宮崎→鹿児島

Googleタイムラインより
├ 移動距離:364km
└ 運転時間:8時間28分

費用

施設入場料、駐車場代、お土産代など500円
高速料金、ガソリン代など7,500円
食事代、日用品代など2,000円
合計10,000円
目次