【セルフメッシュ】髪の毛を自分でメッシュにする方法

メッシュヘアーは自分で作れます。そりゃ美容院でやってもらえればより綺麗にできるんでしょうけど。

セルフメッシュの利点は、なんといっても低予算でできることですよね。私は髪の毛も自分で切るくらいですからメッシュも当然セルフで行います。

目次

必要なもの

毛染めキャップ

シリコン製のキャップに穴を開けて使用します。穴の場所や密度は自分の好みで開けることができます。しっかりと色を入れたい場合はたくさん穴をあければいいですし、逆にほんの一部だけ色を入れたい場合は穴を少しだけ開けることで対応可能です。左右対称にバランスよく開けてもいいし、非対称に開けてもいいです。繰り返し使用できますので、前回と同じようなメッシュを作ることが可能です。

ブリーチ剤

毛染めキャップを被り、染めたい髪の毛を引っ張り出した後に使用します。

黒髪に直接毛染めしてもきれいな色に仕上がりませんので、一度脱色します。

カラーリング剤

ブリーチ後に髪の毛に塗ります。使い方としては手袋をして髪の毛に塗るだけなのです。

このマニックパニックの毛染め剤は全部で50色以上ありますので、好みの色が見つかること間違いありません。

カラーシャンプー

カラーリング後の日々のカラー維持のためのシャンプーです。

カラーリング剤は適切なケアをしていても色落ちしていくものです。色落ちを少しでも低減させてきれいな髪色を維持していくために必要です。

カラーリングの色によって選択するシャンプーの色も変わりますので注意が必要です。

毛染めケープ

薬液が服にかかると服の色が変化します。ケープもしくはタオルや汚れてもいい服などを用意しておきましょう。

やり方

必要なものの準備ができたら、まず毛染めキャップに穴を開けます。理想のヘアースタイルを考えて穴の位置や数を決めて開けていきましょう。結構手間がかかりますが一度開けてしまえば繰り返し使用できますので、今回だけは我慢です。

毛染めキャップに穴を開け終えたら被り、付属のかぎ針で髪の毛を掻き出します。後頭部などは誰かに協力してもらうとスムーズにいきますが、一人でやる場合は姿見鏡と手持ち鏡を併用して根気強く掻き出してく必要があります。

毛染めキャップの使い方

髪の毛を一通り掻き出したらブリーチ剤を塗ります。使用方法、放置時間などは商品の説明書によりますが、ブリーチ後にカラーリングする場合は、明るめに脱色しておくときれいなカラーリングに仕上がります。私は30分間放置しました。

毛染めキャップの使い方
毛染めキャップでセルフメッシュ

カラーリングしない場合は、毛染めキャップを外してシャンプーでブリーチ剤を洗い流して終了です。

ブリーチだけを行った時の写真ですが、仕上がりとしてはこんな感じです。

毛染めキャップでセルフメッシュ

続いてカラーリングする時の場合ですが、

カラーリングする場合は、ブリーチ後にキャップを被ったままお湯でブリーチ剤を洗い流してください。そしてタオルドライした後にカラーリング剤を塗ります。今回はマニックパニックのヴァンパイアレッドを使用しています。これの放置時間も説明書通りで構いません。私は20分間放置しました。

マニックパニックでセルフメッシュ

放置後にお湯で洗い流して終了です。

そして完成した写真がこちらです。

マニックパニックでセルフメッシュ

シーリングライトの真下で撮影したので比較的はっきりと赤色に見えますが、暗い所だと目立ちにくい色です。

後は毎日のカラーシャンプーでケアを続けることできれいな髪色を維持します。

薬剤を使用しますので、事前にパッチテストを行いましょう。用法用量をお守りご使用してください。

セルフパーマもかけれます

目次