【日本一周】車中泊の旅part4

姫路城

★part4は兵庫→岡山→香川の順に移動しています★

おはようございます、森山です。

道の駅みきでの車中泊、とても快適でした。

6時起床ですが、昨晩は21時頃に就寝しております。9時間連続で一度も起きることなくぐっすりと眠れました。朝目を覚ますと車中泊の車がたくさんいました。静かで人気のスポットのようです。

朝の準備では、両目共コンタクトが1発で入るという幸運を引き連れて今日という日を歩みます。

7時に出発です。本日も悪天候です。現在曇り、午後から雨予報。

車で30分ほどで最初の目的地です。

目次

生石神社

生石神社

おうしこ神社と言います。ここには、日本三奇の一つとされている石乃寶殿があります。石乃寶殿は、高さ5.7m、幅6.4m、奥行き7.2mの大きな石で、水面に浮かんでいるように見えるその奇妙な姿から日本三奇の一つとされているのですが、自然に出来た石ではなく誰かが何かのために運んできたとも言われています。しかしこれほどの大きさの石をどうやって運んだのかも謎に満ちています。それもまた日本三奇の一つとされる一因となっているのだと思われます。

到着したのは7時30分。朝早いため一番乗りでした。石乃寶殿を拝む前に周辺を散策します。岩を削っで造ったであろう階段を登ること数分。昨日の雨で足元が非常に滑りやすく何度も転倒しそうになりましたが、何とか山頂まで登り切ることができました。

生石神社山頂までの道
生石神社山頂

そして周辺の散策を終えた後、拝観料を支払い石乃寶殿の目の前まで到着。巨大な姿に唖然としましたね。まさに日本三奇にふさわしい未知なる存在感と、何か不思議なパワーを感じるパワースポット感。

生石神社石乃宝殿
生石神社石乃宝殿

広角レンズのようなものを使用しないと石全体が撮影出来ないほどの大きさがあります。

少し上に上がれば石全体を見渡すことが可能です。

上から見た石乃宝殿
観光地名生石神社 石乃寶殿
住所兵庫県高砂市阿弥陀町
入場料生石神社は入場無料。
石乃寶殿は拝観料大人100円、小人50円。
駐車場無料駐車場有り
参拝時間24時間

石乃寶殿の周りをグルリと一周し、パワーに満ち溢れた私は次の目的地に向かいます。

道中ガソリンを入れて、先へと進みます。

姫路城

姫路城は、日本三名城の一つとされています。

姫路城
観光地名姫路城
住所兵庫県姫路市本町
入城料大人(18才以上)1000円。
小人(小学生・中学生・高校生)300円。
団体割引有り。
駐車場有料駐車場多数有り
開城時間9:00〜17:00(閉門は16:00)

姫路城は、地階と1階〜6階の城構成となっています。各階のフロアマップと見どころは以下の通りです。

地階の見どころ

厠、東大柱、西大柱、流し

一階の見どころ

筋交、石落し、六葉釘隠し

二階の見どころ

破風の間、出格子窓、武具掛け、武具庫

三階の見どころ

武者隠し、東大柱、西大柱、内室

四階の見どころ

高窓、石打棚、内室

五階の見どころ

東大柱、西大柱

六階の見どころ

長壁神社、幻の窓

姫路城6階

6階は、格子窓から城下を見下ろす造りだったので、開放感に欠けて物足りなさがありますね。

姫路城のすぐ近くには好古園という庭園もありました。姫路城の入場料は大人1000円ですが、好古園とセットの購入であれば大人1050円で両方を楽しむことができます。

好古園の看板

私は好古園には行かずに次の目的地へ向かいます。

と、その前に、

雨天続きで歩いていると靴が滑るときがよくあって、そういった理由で車のタイヤの溝って大丈夫かな?って気になって見てみたらクラックが酷かったですね。製造年週をみたら2015年の45週目だったので、大体7年使ってることになります。

タイヤの亀裂

すぐにタイヤ交換することにしました。

タイヤ交換で工賃込みで75000円しましたが、本来であれば出発前に点検して交換しておくべきでした。

交換したタイヤを見せてもらって、クラックを広げてみるとこんな感じでした。

タイヤの亀裂

ここで気付けて運が良かったですね。気付かずにに走り続けていたらと思うとゾッとします。

備前龍穴

岡山県に存在する日本三大龍穴の一つとされている、備前龍穴のりゅうごん様に会いに行きました。

りゅうごん様は、湯次神社の裏の山にいるとのことです。

湯次神社への車でのルートですが、行きは国道2号線から県道425号のルート(東側のルート)から、帰りは県道381号線から国道2号線(西側のルート)を使用しました。

目次