バンカーリングを買うなら絶対に”iRing”シリーズ!

バンカーリングとは、スマホの背面などに設置することで指に引っ掛けて使用することや、テーブルに立ててスマホスタンドとして使用することが可能になるリングのことです。スマホリングと呼ぶ言い方もあります。寝転びながらスマホいじってたら顔に落下してきたなんて体験一度はありますよね。それを回避できます。

私は今のスマホで3年ほどiRingを使用していますし、その前の機種でも3年ほどiRingを使用しています。iRing歴は6年以上ということです。

そしてそれは突然やってきました。

ある日突然パキッという音ともにiRingがグラグラになってしましました。

その証拠動画が以下の動画になります。

少し振動を与えると簡単に動いてしまいます。こんな感じになってしまったので、今までの慣れていた感覚とはかけ離れすぎていて使い勝手が非常に悪かったです。

でも千円ちょっとの金額で3年も使えていたので御の字です。今までありがとう、アイリング!

ということで新品買いました。

新品は全くグラつきません。

目次

iRingのメリット

ちなみに私が愛用しているiRingのメリットは以下の通りです。

  • 粘着性が高い
  • 貼り直しが可能
  • ガラス素材の面にも使用できる
  • 車内や壁などの好きなところに引っ掛けて使用することができる
  • カラーやデザインが豊富でスマホの色と調和するものを選べる
  • 用途に合わせた様々な機能の商品がある

といったメリットがあります。

粘着性が高い

一度貼り付けたら普通に使用していれば、まず剥がれることはないです。実際に一度も剥がれたことはありません。もし使用中に剥がれたら落下して画面が割れてしまうかもしれないので、とても重要な要素です。

貼り直しが可能

一度貼ってしまえばとても強い粘着力ですが、先端の細いマイナスドライバーなどでグリグリすれば剥がすことが可能です。

この動画では一度剥がしたあとに動画撮影のためにもう一度軽く貼っただけなので、簡単に剥がしているように見えますが、実際にはもっと頑丈に貼り付いています。

剥がした後に再利用する方法ですが、接着面を水洗いして乾燥させることで貼り直しが可能となります。

ガラス素材の面にも使用できる

このiRingにはガラス面に使用できる接着シートが2枚付属してあります。ガラス素材に直接貼ってしまうと万が一の時にガラスが破損してしまいますが、このシートを使用することで保護できます。ガラス背面のスマホにも使用することができるので安心です。

車内や壁などの好きなところに引っ掛けて使用することができる

この商品には、iRingを引っ掛けることができるフックが付属してあります。このフックを好きなところに貼ることで、スマホを引っ掛けて使用することができます。例えば車の中でナビとして使用したい時、ナビの見やすいところにこのフックを貼り付けておくことで、スマホの取り付けと取り外しが容易に行えます。家の壁などにフックを付けておけば、動画を見る時に寝ながらスマホを手に持たずに動画鑑賞をすることが可能となります。

壁にフックを付けて、

iRingのフックを壁に貼る

こうする!

iRingのフックにiPhoneを掛ける

するとどうでしょうか。一瞬にして動画鑑賞シアターのできあがりです。

・・・

はい、スマホだと画面が少しだけ小さいかもしれませんね。これだとせいぜい一人用ですね。

しかしこのフック、実は耐荷重約6kgの粘着力を誇ります。すなわちタブレットなどにも使用できるということです。

タブレッドなら動画鑑賞シアターになりますよね!

ね!

カラーやデザインが豊富でスマホの色と調和するものを選べる

カラーやデザイン、形にいたるまで豊富なラインナップを取り揃えています。

カラーは、パールホワイト、ブラック、グレー、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、レッド、ミントグリーン、ピンクなどがあります。

デザインは、ストライプ柄、ドット柄、チェック柄などから各国のランドマーク、12星座、キラキラしたラメ入りのものまで豊富にあります。

形は、四角形、円形、六角形などがあります。

ごく一部しか記載していませんが、ホントにビックリするぐらい豊富な種類があります。

機能性に一抹の不安もありませんので、好きなものを選ぶだけです。

見てよし着けてよしのiRing、買い物が楽しくなっちゃいますね。

用途に合わせた様々な機能の商品がある

カードホルダーが付いている"iRing pocket"と"iRing pocket2"

自転車のハンドルに取り付けることができる"iRing Mount"

ワイヤレス充電器になる"iRing Charge"

車の空調吹き出し口に設置できる"iRing AirVent"

リングの位置をスライドでズラすことができる"iRing Slide Single"

スマホケースと一体化した"iRing Slide Case"

ワイヤレス充電に対応した"iRing Link2"と"iRing Link"

用途に合わせてこれほどの種類が存在します。

目次